ホーム > Other > 事務所にて。。。ニュースを見て感じること。

事務所にて。。。ニュースを見て感じること。

2014 年 10 月 3 日

広島の土砂災害や御嶽山の噴火など、天災によって多くの尊い人命が失われました。
お亡くなりになられた方、そのご家族に心からのお悔やみを申し上げます。
また、被害に遭われた方々には、心からのお見舞いを申し上げます。

何度もこのブログでも書いていますが、私たちを取り巻く環境は大きく変わろうとしています。ここ数年の異常気象は多くの人たちが肌で感じていて、このままでは到底立ち行かなくなるのではと不安に思っています。
環境問題は70億人全ての人たちに影響を及ぼす重要な問題です。
俳優のディカプリオさんも国連で環境問題についてスピーチをしていました。
では、環境問題だけを考えれば良いのかと言うと、そんなことは無く、私たちの未来には多くの問題が山積みになっていることに気付きます。

そのうちの一つでもある社会システムの問題も、私たちの未来に大きな影響力を持っています。
経済の仕組みの在り方、イスラムの問題、中国の動向など。
環境問題の解決とは真逆の行為を世界中で行われています。
数か月前に台湾で起きた学生運動。
今まさに起こっている香港の学生運動。
ヨーロッパではパレスチナ、シリア、イラクなどのイスラム圏の問題に対して、多くの人たちが声を上げています。
世界で起こっている全てのことが、私たちの未来に直結をし、とてつもない影響力を持っていることを考えて行く必要があります。
そのためには、今までの歴史の中で人類がどのように歩んできたかを知る必要があります。
これは、学校の教科書で習った歴史ではなく、この社会がどのような遍歴を辿ってきたのかと言う、真実の歴史を知る必要があると思っています。

戦争はなぜ起きたのか?
貨幣制度はどのように始まったのか?
この長い人間社会の中で、誰が利益を得て、だれが不利益をこうむり続けて来たのか?
歴史認識って何だろう。
エネルギー問題の本質はなんだろう。
これから必要なことは、今まで私たちが当たり前に思っていたことに対して、そのままを受け入れるのではなく、なぜなんだろうと、一度自分で考える癖をつけることだと思っています。
テレビから流れる情報。
新聞で伝えられる情報。
インターネットから洪水のように押し寄せてくる情報。
日常生活の中で私たちは情報から逃げることは出来ません。
だからこそ、情報に対して自分で考える癖をつけなければならないのです。
考えるって作業は簡単ではありません。
トレーニングと同じで、時間を掛けて積み上げて行くしかないのです。
世の中の全ては、人の思考と想像力から生まれて来ました。
だからこそ、これからの未来を作るのは自分の思考であって、あなた方の思考かもしれません。
今までのように利己的な価値観ではなく、利他的な価値観をベースに思考の基礎を組んでいくことが良いと僕は思っています。
では、また。

カテゴリー: Other タグ:
コメントは受け付けていません。