ホーム > Other > 2013.3.11 東日本大震災から二年を迎えて

2013.3.11 東日本大震災から二年を迎えて

2013 年 3 月 11 日

東日本大震災の発生から二年を迎えるに当たり、改めて犠牲になられましたすべての方々に対しまして、謹んで哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた方々に対しまして、心からお見舞いを申し上げます。

テレビや実際に現地へ足を運ばせて行かせていく中で、いまだ多くの方々が震災により苦しんでいる姿を見て、改めて今の私たちに出来ることは、この事実を絶対に忘れないことだと強く感じています。
 過酷な状況の中で、夢に向かい必死に努力している若者たちや、限られた環境の中で笑顔を失わずに、前を向いている子供たちの姿を見るたびに、今を生きる私たち大人がやらなければいけないこと、やれることが見えてきます。

2万人近い尊い命を失った事実は決して消えることはありません。
その背景にどれだけの悲しみと苦しみがあることも、私たちには想像できます。
もう一度、自分の命がどれだけ貴重で、どれだけの確立で生まれてきたのかを考える必要があります。
いまこの瞬間に生きている私たち大人は、これだけ抱えてしまった社会の問題に対して、もしかしたら解決の糸口を見つけるために生まれてきたのかもしれないと、私は思います。
そう思うと、それだけで自分の命に誇りが持て、生きるための大きな目標と、意味を見つけられます。

そして、何より全ての生命の大切さに気付くことが出来ます。
命の大切さを知り、人への思いやりや、自分以外の全てに対して感謝を知ることが出来ます。
そのために、自分の心がどこにあるのかを考え、自分の心がどこに向かおうとしているのかを見つめなおすことだと思います。

 これからも、リバースメンバーとして、一人の大人として、未来の私たちの社会構築のために、努力を惜しまないつもりです。
改めて、失った命と、悲しみの心へ、黙祷を捧げたいと思います。

2013.3.11

株式会社リバースプロジェクト
副代表 亀石 太夏匡

カテゴリー: Other タグ:
コメントは受け付けていません。