アーカイブ

2012 年 6 月 のアーカイブ

新事務所にて。。。

2012 年 6 月 8 日 Comments off

皆さん、ご無沙汰しています。お元気ですか?
先日のRICE475のイベントにお越しいただいた方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。そして、天候不順のため開催までにイベント内容が二転三転し、ご迷惑をお掛けしたことお詫び申し上げます。
結局、田植えは出来ませんでしたが、最終的に太陽も顔を出しビールとBBQでおにぎりを頬張り、美味しく楽しい懇親会を行うことが出来ました。
僅かな時間でしたが皆さんと話しが出来て、それぞれがちゃんと考えを持ち、自分たちの出来ることから未来にアクションを起こそうとしているのを知り、僕自身もとてもキボウとパワーをもらいました。
本当に感謝をしています。

先月で僕は41歳になり、友介は36歳になりました。
二人の誕生日が二日違いと言うこともあり、十数回誕生日を合同で祝って来ました。
友や仲間が集まり酒を飲み交わし、楽しい時間を過ごせることは本当に幸せなことです。
この十数年、様々なことがありましたが、こうやって、毎年お互いの誕生日を祝えることが、どれほど幸せなことなのか改めて実感をしました。

友とは自分を写す鏡のような存在なんだと思います。

「人の振り見て我が振り直せ」と言うくらいに、他人の行いに対して人は色々と目に付きますが、自分に対しては気付かないことが多いように思えます。
振り返ると友介はいつも愛情と思いやりを持って真っ直ぐに向き合ってくれ、ときに厳しく自分の至らないことを教えてくれました。
これは僕だけでは無く、彼は分け隔てなく全ての人にそうしているように思えます。
鈍感な僕は自分の至らないところを指摘され、大概は反省をするのですが、時には、疎ましく感じたこともありました。
でも、後になって振り返ると、それが自分の人生において大きな糧となっていることに気付きます。
本当の友こそ、厳しいことを言ってくれる存在なのではないでしょうか。
いつも耳障りの良いことだけを口にする友より、時には、付き合いは悪いが厳しく何処か面倒くさいなと思うような友にちゃんと向き合って、その人が言う本質に耳を傾けてみるのも良いかもしれません。
あくまで、嫌味や悪口を言うこととは違いますよ。
そして時には、大切な友に対して、言いづらいかもしれませんが気付いていないポイントを教えてあげるのも良いでしょう。
伝え方も頭を使って苦労はするかもしれませんが、それが、長く人間関係を守っていく大切な要素の一つだと思います。
今年の誕生日当日にも、ここ最近でプライベートで自分が至らなかったことがあり、それを指摘されました。
「誕生日なのに厳しいことを言ってゴメン。でも、どうしても伝えたくて、誕生日おめでとう!」
電話を切ったあとに、僕は気付かぬうちに笑顔になっていました。
それは、自分が見えていなかったことで、本当に助かりました。
「保険をかけるより友達を作れ!」
と、以前に大切な先輩が教えてくれたのを思い出しました。
友人たちと何十年も友情関係を守って行けたら、それはきっと、何よりも代え難い財産になることでしょう。
リバースプロジェクトで出会った仲間たちとは、何十年先にも「人類が地球に生き残れるためのプロジェクト」を立ち上げようとお互いに頑張り合える関係であるために、僕も努力を続けて行こうと、41歳の春に改めて思いました。

「41歳の春……?あっ!バカボンのパパと同じ年齢だ……そうか……そうなんだ……」

では、素敵な週末を。
チャオ!!

カテゴリー: Other タグ: