アーカイブ

2012 年 2 月 のアーカイブ

仕事場にて。。。あの日の面接。。。

2012 年 2 月 28 日 Comments off

皆さん、お元気ですか?
僕は相変わらずバタバタと不器用に日常を過ごしています。
本当、バタバタとやっております。
今日も仕事へ行く前にコーヒーを飲もうとして、マグカップを取り出す時に自分で開いた食器棚の扉に頭をぶつけるし…「自分不器用っすから…」とカッコよく言えたらいいんだけど、そう言うキャラじゃないしね…。
さて、リバースのHPでインターンの募集をし、僭越ながら先日面接を行わせてもらいました。多くの方々のエントリー本当に嬉しく思います。この場を借りてお礼を述べさせていただきます。全ての方々とご一緒したかったのですが(本当にそれくらい素晴らしい方々がいらっしゃいました)、リバース自体がもっと成長し、皆さんとご一緒出来るように頑張ります!

今日はそんな面接初日の時の話しです。
朝から別の仕事でスーツ姿の僕は、午後にトークショーがあったので、一度、家に帰って私服に着替え(舞台がラフな感じだったので)、急いで会場のある下北沢へと向かった。
芝居の後の舞台上でぎこちないトークショーをやり終えて、次はリバースの面接会場への移動となり、時間が押し迫っていたこともあって、僕はやむなくタクシーを止めることにした。
前方からのろのろとやって来る、年を召したおじいちゃん運転手がハンドルを握る個人タクシーを止めて乗り込むと、行き先を聞く前に運転手さんは
「寒いねぇ……こんな日は早く家に帰ってゆっくりしたいだろうね」
と、まるで顔見知りに話しかけるように言葉をかけてきた。
「そうっすねぇ…代々木にお願いします」
と会話に乗りながら僕はさりげなく行き先を告げ、そこから20分あまりドライバーさんとの会話が始まった。
「寒いねぇ……」から始まったお決まりの天気の話しがしばらく続き、その後、会話は僕のこれからの予定へと移っていった。
運転手(以下運)「仕事だったのかい?」
龜石(以下龜)「ええ、トークショーがあって」
運「とーく?しょう…?この後も仕事かい」
トークショーのキーワードには全く引っかからず、やはり会話は仕事の話へ進んで行く。
龜「……ええ、この後も仕事です」
運「大変だねぇ。頑張るねぇ。若いからかねぇ。こんな日は早く家に帰ってゆっくりしたいねぇ」
龜『おっと。2度も言うってことは、この運転手さん家に帰りたいのかな…(心の声)』
龜「いえいえ、運転手さんだって頑張っているじゃないですか」
運「この後は仕事かい?」
龜『おっ、軽くスルーだ。しかも、この質問も2度目だぞ…(心の声)』
そんな心配をよそに、下北沢から代々木へ向かうルートはのろのろ運転だが最短で完璧だ。時間的にも間に合いそうなので、僕は安心して会話を続けてみた。
龜「ええ、仕事ですね。面接があって…」
運「面接!」
今まで優しい笑みを湛えていたバックミラー越しの運転手さんの目が、面接のキーワードに対してやや喰い気味で急に語気が強くなった。
運「君ねぇ、面接に行くならそんな格好は駄目だ!」
龜「えっ?」
運「面接は少なくとも人生を決める大事なものだ。そんな格好は駄目だよ。せめて帽子は脱がないと」
重複するが朝はスーツにネクタイを締め、トークショーのためにラフな格好に着替えてた。その時の格好は、カウチンセーターにハットと言う出で立ち。ましてや、面接はする方で受ける方では無い。
龜「そうっすかね…」
次にどう発展するのか興味を覚え会話に乗ってみる僕。
運「コンビにのバイトだって大切な仕事だよ。ましてや接客業だ。お客さんに相対する成らば身なりをきちんとしないと!今はね不況とは言っても仕事はあるんだ」
龜『もっともだ…面接する側としてもいけないな…反省しよう(心の声)』
運「やる気だけなんだよ。生きるっていうのはね厳しいものなんだよ。君はねコンビにのバイトを受けるだけでも頑張ってるんだよ。でも、その身なりはねぇ…」
龜『え?いつのまにか僕がコンビニのバイトの面接に行くことになっている…(心の声)』
龜「帽子は脱いだ方がいいですね…」
運「それは脱いだ方がいい…いいかい、仕事はね…」
とその後、ありがたい仕事に対する心構えをご教授いただき、無事に時間内に代々木に到着した。
龜「あっ、じゃこの辺で」
と、たまたま止まったのがセブンイレブンの前。
運「はい!どうもありがとう!頑張ってね!俺も頑張るから!」
とエールまでいただきタクシーはのろのろと走り去った。
龜『(微笑み)』
世の中は優しくなったのではない、他人に対して無関心になっただけで、それは冷たくなったのだ。勘違いとは言え、他人に対して一生懸命にアドバイスをしてくれたおじいちゃんドライバーに、僕はちょっとだけ心がほっこりしているのを感じた。
そして、軽い足取りで面接会場へ入って行った。
皆さん、おせっかいは問題だけど、なるべく周囲に気を配り困っている人が居たら(僕は困っていなかったが…)、気に掛けてあげる優しさを持ちましょう。そうすると、次第に視野が広くなり、自分の人生の視界も広がるでしょう。

「セイジ-陸の魚-」絶賛公開中です!
観ていただいた多くの方から、観て良かったと言うご意見をいただいております。
生きる意味のヒントを感じれる映画です。少しだけ勇気を出して劇場へ足を運び、西島さん演じるセイジさんに会いに行ってください。
明日への希望の光が、少しだけ心に点るのを感じてもらえるはずです。
毎週土曜日の最終回後にテアトル新宿でティーチインを行っています。僕は毎週居ます!
では。また!

カテゴリー: Other タグ:

REBIRTH PROJECT 伊勢谷友介 メディア出演情報

2012 年 2 月 28 日 Comments off

<伊勢谷友介>
2/3  チャンネルNECO 「おすピーのシネバラ!」 24:50 ~
2/5  フジテレビ 「ほこ×たて」 19:00 ~
2/8  BS11 「テリー伊藤の月に吠えろ」 23:00 ~
2/11 日本テレビ 「メレンゲの気持ち」 12:00 ~
     日本テレビ 「嵐にしやがれ」 22:00 ~ 
2/14 web「農園.tv」生出演 23:00 ~ URL http://www.nouen.tv/
2/15 BS11 「テリー伊藤の月に吠えろ」 23:00 ~
     CSフジ 「男おばさん」 10:40 ~
2/16 フジテレビ 「5LDK」 23:00 ~
2/17 日本テレビ 「アナザースカイ」 23:25 ~
     チャンネルNECO 「おすピーのシネバラ!」 24:50 ~
     WOWOW 「ザ・プライムショー」 18:55 ~
2/18 TBS 「チューボーですよ」 23:30 ~
2/19 テレビ東京 「TOKYO AWARD」24:35 ~
2/21 日本テレビ 「火曜サプライズ」19:00 ~
2/22 日本テレビ 「世界仰天!ニュース」21:00 ~
2/25 BS朝日 「生きていくということ」20:00 ~
2/26 テレビ東京 「TOKYO AWARD」24:35 ~
2/28 日本テレビ 「火曜サプライズ」19:00 ~

<REBIRTH PROJECT >
2/8   NHK 「あさイチ」 8:15 ~
2/10 TBS 「NEWS23」 23:30 ~
2/11 NHK BSプレミアム 「クリスマスに贈る卒業式~福島・飯舘村の子どもたち~」 22:00 ~

カテゴリー: PRESS タグ:

UOMO

2012 年 2 月 24 日 Comments off

UOMO 4月号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

SWITCH

2012 年 2 月 20 日 Comments off

SWITCH vol.30 No.3

代表・伊勢谷×出演者のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

AERA

2012 年 2 月 20 日 Comments off

AERA 2012年2月27日号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

ピクトアップ

2012 年 2 月 20 日 Comments off

ピクトアップ 4月号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています 。

カテゴリー: PRESS タグ:

FLYING POSTMAN PRESS

2012 年 2 月 20 日 Comments off

フリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

代表・伊勢谷×出演者のインタビューが掲載されています。 

http://flying-postman.com/

セイジ連載シリーズ最終回。。。事務所にて。。。

2012 年 2 月 16 日 Comments off

午後から雪がぱらついてましたね。
風邪などひかぬよう気をつけて下さい。
さて、セイジの連載シリーズも今回が最後となります。
今週末に公開を控え、脚本を書き始めて6年間、この瞬間を夢見て来ました。
本当に長い道のりでした。
原作が持っているテーマをどうやったら観ていただく皆さんに伝わるのか、頭を悩ませ何度も脚本を書き換えてきました。
親友と歩んで来たこの6年間は、何事にも代え難い宝物です。
諦めずに努力を重ね進んでいけば、形になることを知りました。
自分が必要とされていることに気付くと、自分の中からパワーが生まれてくることを知りました。
自分の力を誰かのために向けることが、これほど尊いものなのか知ることが出来ました。
これからの近い将来、僕たちは厳しい局面に相対するかもしれません。
そんな時でも放棄せず、前を向いてお互いを支え合いながら進んでいければと思ってます。
最終回は、恥ずかしながら自分のことを書きました。
では、どうぞ。。。

8回に渡った連載も今回が最後となる。
「セイジ-陸の魚-」を通して、少しでも映画制作の裏側を、皆様にお伝えすることが出来ていたら嬉しく思う。
この場を借りて、お付き合い下さった皆様に、心からの感謝を述べたい。今回は最終回と言うこともあり、手前味噌になってしまうが自分のことを書かせていただく。
 前作カクトを機に10年前に映画の世界に転身した私は、30歳から人生をやり直すことになった。
周囲からは反対をされたが、夢だった映画の道へ進める喜びは、何事にも代え難かった。
しかし、現実は一遍した。30歳で実家暮らしに戻り、有効に時間を使うために選んだのはラブホテルの仕事。
夜中に清掃をしながら空いている時間に脚本を書き、それを方々に見せて映画制作のきっかけをとにかく探した。
伊勢谷監督とも次のテーマを見つけるために可能な限り時間を共にした。
必死に様々な本や新聞を読み漁り、社会が抱えている多くの問題と向き合った。
そうやって、不毛と感じられる時間を過ごしているうちに自分の心が悲観的になって行くのを感じた。
どれだけ考えたところで、社会が抱える問題は大きくどこまでも増え続け、自分たちの力なんて微力過ぎて何の役にも立たないと、無力感に打ちのめされた時にセイジの原作と出会った。
そこには、生きるとは何か?人が人を救う凄さとは何か?荒削りだが自分が求めていたことが描かれていた。
それから完成まで6年。
その過程の中で、セイジの脚本からリバースプロジェクトも立ち上げることが出来き、私が持っていた悲観的なイメージも少しずつ変わって行った。
それは、アフリカの草原にイナゴの大群が押し寄せ、一気に草原を食い尽くし飛び立って行く。
もしかしたら人間はこのイナゴと同じで、ただ、次に飛び立つ草原が無いのに一気に食い尽くそうとしているんじゃないか。
その中の数匹が食べつくしては駄目だ!と騒いだところで、止まるわけが無い。
そう感じていたイメージが、数匹が数十匹になり数百匹になり、いつの日か止まる日が来ると思えるようになった。
昨年大震災を経験した私たちが未来に忘れてはいけない思いが「セイジ-陸の魚-」には描かれています。
どうぞ、大切な人と一緒に劇場でご覧になって下さい。
そして、観終わったあと、お茶でも飲みながら感じたことを語り合って下さい。
公開をしたら、テアトル新宿では毎週末にトークショーを行う予定です。
基本的に私は参加します。宜しければ、いらしてください!詳細はHPで!
www.seiji-sakana.com
前作『カクト』も、2月20日から24日まで、テアトル新宿で特別レイトショーを行います。
よろしければ、そちらもぜひ!!
では。また。。。

カテゴリー: Other タグ:

からだにいいこと

2012 年 2 月 16 日 Comments off

からだにいいこと 4月号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

an an

2012 年 2 月 15 日 Comments off

an an 1794号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています 。

カテゴリー: PRESS タグ: