アーカイブ

2012 年 1 月 のアーカイブ

sky ward

2012 年 1 月 31 日 Comments off

sky ward 2月号(JALグループ機内誌)

『インド ふたたび悠久の地へ』 旅人・伊勢谷友介

購入可能です。
詳しくはこちらへ http://www.jal.co.jp/inflight/skyward/

Colocal

2012 年 1 月 31 日 Comments off

web magazine Colocal(マガジンハウス社)にて

新連載スタートしました。

http://colocal.jp/topics/rebirth-project/

Begin

2012 年 1 月 31 日 Comments off

Begin 3月号

エコロジーで節約できる『エコセコ』グッズ
代表・伊勢谷のBest3を紹介しています。

カテゴリー: PRESS タグ:

SWITCH

2012 年 1 月 31 日 Comments off

SWITCH Vol.30 No.2

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

SWITCH

2012 年 1 月 31 日 Comments off

SWITCH Vol.30 No.1

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

FREECELL

2012 年 1 月 31 日 Comments off

FREECELL 特別号

代表・伊勢谷×出演者 対談記事が掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

Mac People

2012 年 1 月 29 日 Comments off

Mac People 3月号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

Numero TOKYO

2012 年 1 月 28 日 Comments off

Numero TOKYO 3月号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

+act

2012 年 1 月 27 日 Comments off

+act 3月号

代表・伊勢谷のインタビューが掲載されています。

カテゴリー: PRESS タグ:

「セイジ-陸の魚-」連載シリーズ第4弾 仕事場にて。。。

2012 年 1 月 26 日 Comments off

皆さん。寒い日が続いていますが、風邪などひいていませんか?
僕は毎朝、自転車で仕事に行くのにかなり気合を入れて出発しています。
さて、セイジ連載シリーズ3弾は祐木奈江さんです。

皆さんは裕木奈江さんと言う女優をご存知だろうか。
十数年前まで、数多くの映画やテレビドラマに出演し、人気と実力を兼ね備えた女優の一人だったのだが、人気絶頂の最中、活躍の場をアメリカに求め、私たちの前から消えてしまったのだ。
渡米してからは一からキャリアをやり直し、数多くのオーディションを受け、ついには主役の座まで上り詰めた。
クリント・イーストウッドやデビット・リンチの作品にも出演を遂げるなど、ハリウッドで成功した数少ない日本女優の一人だ。
今作のヒロインでもある翔子役は、裕木さんにとって久しぶりの邦画復帰作となる。
セイジの痛みを理解しながら、自分も癒えることのない大きな傷を抱えたまま過ごしている難しい役だが、裕木さんは見事に演じきってくれた。
祥子の初登場シーンでは、内側から沸き立つ色気を画面に残そうと、監督はスタッフと共に試行錯誤していたのだが、モニターに映る裕木さんはため息が出るほど美しく、かつリアルな人物に浮き上がっていた。
それは、存在そのものの美しさもあるが、吐息や呼吸のような、台本に書かれていない「間」を、完全に自分のものにしていたからだと思われる。
台詞に対してもこだわりを見せ、現場で少しでも空き時間があると、書き手の私に質問をしてきた。
二人で試行錯誤し端的で素晴らしい台詞を見つけ大喜びしたのを覚えている。
撮影現場において、女優へのケアは大事なプロデューサーの仕事である。
ただでさえ現場は男っぽいのだが、本作は出演者が殆どが男性で、しかも、天候不順などの相次ぐトラブル対応に追われていた私は、裕木さんのケアまで手が回らずにいた。
アメリカから来ている裕木さんにマネージャーはついていない。撮休になると完全に一人にしてしまう。
大人だから一人で当たり前と皆さんは思うかもしれないが、俳優は人目に付くだけに、オフの時でも思う以上に気を配らないといけない。
だが、裕木さんは、休みの日には、自分で観光地を調べ、気分転換に一人で外出していたのだ。
状況に応じて対応出来る強さは、海外で一人自分の居場所を作り続けて来た彼女だから出来たのかもしれない。
強さと美しさを兼ね備えた裕木さんは必見です。
是非、劇場でご覧になって下さい。

カテゴリー: Other タグ: