アーカイブ

2011 年 4 月 のアーカイブ

幸せのリング

2011 年 4 月 27 日 Comments off

皆さん、お元気ですか?

リバースプロジェクトで作ったオブジェです。

先週の土曜日にオープンした、イオン・越谷レイクタウンアウトレットに置かれています。

幸せをいっぱい詰めました。

大切な人と手をつないでくぐってみて下さい!

夕日の時間がお勧めです!

では、また。

カテゴリー: 龜石太夏匡 タグ:

種の成長は、個の成長。

2011 年 4 月 20 日 Comments off

人間は、今まで生活環境、使用エネルギーを拡大することで現状況を作りました。

人は環境を無限だと信じてたから。でも本当は違う。

これからは地球が抱えられる人間社会に変わることが必然です。

これには技術の進歩も必要ですが、今の技術、地球の人口を考えると、我々先進国が作ったスタンダードな生活は、世界中の人が享受できるほど、効率的ではないのが現状です。

であれば、今この現実を突きつけられた我々日本は、個人レベルから変わる機会ではないでしょうか。

人間と言う種の「意識の改革」です。我々の節電は、政府が考えるよりずっと優れたものでした。

これが日本人の可能性だと思うのです。

我々リバースは、人間一人一人の可能性を模索し、発見し、作りたいと思います!!!

大変な事かもしれませんが、今その時がきたと思います。

新しい人間の生活を提案できる先進国として、イニシアチブを取れる国民になりましょう!

カテゴリー: 伊勢谷友介 タグ:

「再会 SAIKAI OSAKA 」5/2開催

2011 年 4 月 17 日 Comments off

大阪梅田に新しい大阪駅を中心に北ヤードの開発やNu茶屋町に次々とNew shopがオープンする。5月2日リバースプロジェクトと共にコレからの日本の中での大阪、大阪の中での梅田エリア開発、その後は梅田以外の大阪はどのような役割となっていくのか?未来を考え楽しむイベントです。

詳細に関しましては、随時、下記イベント情報サイト、Blog、twitter等で配信していきます。

再会 SAIKAI OSAKA

カテゴリー: Other タグ:

義援米プロジェクト報告〜後記〜

2011 年 4 月 13 日 Comments off

1ヶ月、経ちました。

まだまだ余震が続いていますね。
東北の皆様、どうか・・どうか、体も心もご無事でいてください。

日々悲惨になっていくニュースを聞きながら
「皆様の善意をお預かりした立場にすぎない私が、どれほどの役にたてるというのだろう?」と、無力感でいっぱいになった期間がありました。リアルに人命を救助できる医者や自衛隊でもなく、現地で汗水流して奮闘しているボランティアスタッフでもない。義援金を何千万何億単位で募金できる資産家でもない。=そんな私は果たしてお役に立てているのか? というスパイラルです。
今思えば、あまりに「やらなきゃいけない事」だらけの現実の壁を前に「できる事」を見失っていたのだと思います。

「本当に被災者の方のお気持ちに寄り添って行動できているのか?」
自問自答を繰り返しながらの毎日。

自分の行動に責任を持とうとすればする程、
ニュースで被害状況を聞けば聞く程、何だか心苦しく思っていました。

お預かりした善意が、必ずお役にたてますように願って止みません。

未来が良い方向へ向かうよう、自分達のできる事を考え、行動していきます。アクションを起こせる機会を与えていただき、誰にお礼を言ったら良いかわからないけれど(笑

本当に、本当にありがとうございました

カテゴリー: Other タグ:

義援米プロジェクト報告

2011 年 4 月 11 日 Comments off

RICE475プロジェクト義援米の受付は終了致しました!

本当にたくさんのご協力ありがとうございました。
今回の活動は、福島を拠点にされている「会津食ルネッサンスの本田さん」との出会いによりスタートしました。
blog.keisyoumai.com

本田さんから
『ほんとうに、沢山のお米、ありがとうございます!
名産地のお米ばかりで、やはり、喜びが増しますね!』
とメールいただきました。
支援先の皆様に喜んでいただけたようで本当に良かったです。

本日は、ご協力いただきました皆様に心からお礼申し上げたく、活動報告をさせて頂きます。

<義援米が届くまで>

まず、早い段階でアクションを起こそうとした時、陸路でお米を運べるルートは限られていました。
RICE475の生産地である新潟が窓口と伺い、ご縁を感じずにはいられませんでした。




新潟は、中継ポイントとして、お米以外も沢山集まってきます。
「救援物資バックアップセンター新潟」
運営:新潟NPO協会
たかはしじゅんいち(写真家)

ここで仕分けされた物資は、被災地手前の会津若松まで、一日に10トントラックで何台も被災地へ向け走りました!
これも運送会社様のご協力あっての事で、本当に頭が下がります。

次に、 産官学民(福島県、会津SB事業者、短大、市民)の連携による『会津おにぎりセンター』に運ばれます。

『おにぎりセンター』とは?
※ここは、会津地域内のSB(ソーシャル・ビジネス)事業者と福島県会津地域災害対策本部が連携し、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による避難者に対する持続可能なおにぎりの炊き出しセンター機能を整備する目的として活動する場所です。 

主催:「元気玉プロジェクト実行委員会」
特定非営利活動法人寺子屋方丈舎(理事長 江川和弥)
特定非営利活動法人素材広場(理事長 横田純子)
有限会社会津食のルネッサンス(代表取締役 本田勝之助)
株式会社明天(代表取締役 貝沼航)
共催:福島県会津地域災害対策本部
協力:会津大学短期大学部

ここでボランティアスタッフの皆さんに作っていただいた愛情たっぷりおにぎりは、会津地方災害対策本部経由で各地の避難所や民間受け入れ先、被災地からの要望に応じて、その日に食糧の供給が足りていないところや、情報収集により緊急度の高い被災地(孤立して物資の届かないところ)などへ配送。

【義援米配送先例】
会津若松市ふれあい体育館300名(主に相馬市・南相馬市の被災者)
福島県立葵高校300名  
会津坂下町川西公民館300名
他、東山温泉くつろぎ宿(無料で施設開放食事提供ピーク1400名現在400名  

【おにぎりお届け先】
岩手県:花巻(個人宅)・安渡(避難所)
宮城:石巻(個人宅)・仙台(マルシェジャポン仙台)
福島県:県内全域 
特に、相馬市、南相馬市、会津全域(17市町村)
避難所にすると 約30箇所程度

また、岩手県女川町へは、お粥を缶詰にした状態でお届けしたそうです。(西会津町で缶詰にし「キノコハウス」様へ)

みなさまからご協力頂いたお米が、こうして、毎日被災地の方々へ届けられていました!

今回で募集は終了させていただきますが、引き続き、RICE475プロジェクトでは、中長期的な支援体制へシフトしながら、すこしでもお役に立てるよう活動していきたいと考えています。追加報告や今後の支援体制など、今後も随時更新していきたいと思います。

<ご協力いただきました全ての皆様へ>

総勢131名、3195キロのご支援をいただきました。
ありがとうございました。
ご支援をいただきました南魚沼の農家の皆様、
義援米をお買い上げいただきました個人の皆様、
(株)トランジットグループの皆様をはじめとする関係各社の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。
これからの未来のためにできること、続けていきたいと思います。
今後とも末永くおつきあい下さい。
 
最後になりましたが、被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。

REBIRTH PROJECT 代表 伊勢谷友介
RICE475 PRODUCER KAORIN
REBIRTH PROJECT一同
廣新米穀 覺張雄介
山本農場 山本克幸

(Text by REBIRTH PROJECT KAORIN)

カテゴリー: from Rebirth Project's infomations, Other タグ:

RICE475義援米プロジェクト〆切りについて

2011 年 4 月 7 日 Comments off

4月10日を持ちまして、義援米の募集を終了致します!

公的機関の支援窓口や輸送手段やルートが整ってきたことを受け、
RICE475としての義援米の募集は終了させて頂くこととなりました。

RICE475プロジェクト義援米として、
みなさんからご協力頂いたお米は、
4月2日時点で 3,110kgになりました!
沢山のご協力、誠にありがとうございました!

4月10日までは受付ておりますので、もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら
是非ご連絡お待ちしております。

これまでご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。また後日、改めて、最終ご報告させていただきます。

カテゴリー: from Rebirth Project's infomations, Other タグ: