アーカイブ

‘伊勢谷友介’ カテゴリーのアーカイブ

元気玉プロジェクト“飯舘村の卒業式

2012 年 1 月 11 日 Comments off

元気玉プロジェクト“飯舘村の卒業式 ご支援ありがとうございました!

元気玉プロジェクト“飯舘村の卒業式”
ご支援ありがとうございました!

皆さん、たくさんの元気玉ありがとう~!!!
日本中からの支援、タイからの支援によって、
デッカい、綺麗な元気玉になりました!!

卒業したみんな、おめでとう!!
そして卒業式当日に実行委員をやってくれた先生方をはじめ、
たくさんのボランティアの皆さん、本当にありがとうございました!!

3月から延期になった卒園・卒業式を12月にようやくできたことは、
先生や生徒みんなにとって特別な思いがあったと思います。
担任の先生が生徒たち1人1人の名前を呼ぶ声はすこし涙声で、この卒園・卒業がただの式ではないことを感じて、僕も感動しました!!

そして卒業式の後にコンサートをしてくれたYANAGIMANさん、岡本真夜さん、Rifaちゃんをはじめミュージシャンやステージのスタッフの皆さん、ありがとうございました!!

人が集まって生まれるエネルギーって本当にポジティブだね!!

人の思いが形になっていく、ということを、自分で実際に関わることで体感できました。皆さんの声を聞きながら進めていけたことも心強かったし、元気玉プロジェクトの必然性を改めて実感しました。

今回は「子どもたちのために」という思いが創作や演出などすべてのベースにあって、スタッフみんなの中で共有できていたこともすごくよかった。僕らリバースのメンバーにとっても、すばらしい経験となりました。

子どもたちの未来を考えると、僕らがやらなくてはならないことはたくさんあります。大事なことは、僕ら大人が未来を検討し、作っていかなくてはならない、ということ。

これからも元気玉どんどんいくよ!!

引き続き、よろしくお願いします!!

伊勢谷友介

カテゴリー: 伊勢谷友介, 元気玉プロジェクト タグ:

リバースプロジェクトメンバーを捕まえて質問しちゃおう! ーリバースプロジェクト展覧会ー

2011 年 9 月 7 日 Comments off

さて、最近ブログやらに書き込む率が急に高まりだした、伊勢谷です。

Twitter(@rebirth_project)でもご紹介させていただきましたが、明後日9月8日より、いよいよ始まります。

「人類の変容とREBIRTH PROJECT展 -METAMORPHOSE-311後の未来」
☞(ナッゲータイトル!!笑!!)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011september/rebirth_project/index.html

ギャラリーとはアート作品を展示する場所です。
コニカミノルタさんですから、写真展であるのが通例でしょう。
しかし今回私達は、写真は説明補足程度。
内容も、「展示?紹介?プレゼン?何?」と聞かれることもあるかも知れません。

もちろんそんな議論も出ました。

しかし僕の一番最初の株式会社リバースプロジェクトのイメージは、1つの現代アート。現実社会でのパフォーマンスアートです。
そのことを表現するには、部屋の中では表現しきれない。
であれば、せめて、私達の軌跡とその動機だけでも皆さんに知っていただきたい。
そんなわけで、今回の表現になりました。

さて、内容について特筆したいのは、やはり未来の部屋。
未来?といっても遠い未来の話ではありません。
私達の手元にいつでも世界中を駆け巡るインターネット端末(スマートフォン)があるようになった今となっては、明日の事の様な話です。

「政府に文句を言うのにも疲れた」「反映される機会がないから諦めた」「誰かがやるでしょう」「署名運動起こすまでのことではない」
みんなで自分たちの周りの環境に手を加えていくことだって、同じ意見を持つ仲間が集まれば、変化を起こすことが出来る。
それは、産業革命以降の革命と言われるこの現代の「インターネット情報革命」のまっただ中において、次の変化の形ではなかろうか。。

なんて考えて、人類の創世から、現在、そして今未来へとどう繋げていくか。これをひとまとめにしました。
まだまだ情報が少ないかもしれません。リバースメンバーも在廊している時間も多くありますので、捕まえて質問してみてください。

あ、そうそう、忘れていましたが、現在までに制作した様々な製品があります。この機会にご覧になってください。
ものによってはお買い求めいただくことも出来るはずです。

では、皆様、ギャラリーで。

伊勢谷友介

萩ノベーション・笠山プロジェクト

2011 年 9 月 4 日 Comments off

皆さんご無沙汰しています。伊勢谷です。今日は嬉しいご報告を!

私にとって8月26.27日はとても思い出深いものになりました。
兼ねてより関わらせて頂いている山口県萩市にて、維新塾主催のイベントが開催されました!!!
維新塾とは、私達リバースプロジェクトが萩と関わらせていただく時に、立ち上げた地元有志のチームです。40歳までの若い方を中心に未来の萩を創る努力を始めています。
今年始まった当プロジェクトは、維新塾生の有り余る萩への愛情をアイデアに変え、 活動してまいります。
今回は世界最小の休火山口を有し、日本海の小さい島々を望む笠山に着目し、維新塾生のアイデアで萩の素晴らしさ紹介しました!!!

家族を対象に行われた「笠山ウォーク」は約4キロの道のりを2時間半かけて歩いていただき、風穴や、椿の群生林など、萩の風土を楽しみながら、子供達も楽しめるオリエンテーションも用意してありました。
参加してくれたご家族の笑顔や、炎天下にも関わらず汗をかきながらはしゃぐ子供達が僕を元気にしてくれました。

ツィッターでは、こんな感想いただきました。
嬉しい。「お疲れ様です」ウォーキングラリーに参加しまして、笠山自然を満喫しつつ、他のご家族と仲良くなり、子供たちと手をつなぎ一緒になって歩きまくりました(笑)夏の楽しい思い出ができました。イベントに携わってくださった方々に大感謝です!「ありがとうございます」

それから笠山の野放しになっていた展望台は、維新塾生たちのアイデアで憩いの場所になり、絶景と共に、オリジナルのドリンクが展望台に登った方々の喉を癒していました。展示されていた民具も非常に興味深く、趣がありました。
ツィッターではおほめいただきました。「笠山展望台の夏みかんティー美味しかったです!豆腐クッキー付き♪」http://photozou.jp/photo/show/862414/95725013
あの古いテレビ、実は写ってたんだけど、見れた人はいるかな???

そして、萩からライブハウスが消え、音楽を志す若者の「輝く」場を提供する為に「笠山Jam」が開催されました。

初回の今回は18歳以下のダンスチーム5組、バンド5組がカンカンに照った太陽のした、汗だくで弾けてくれました!!!
そこには涙があり、友情が生まれました。僕にとっては感動の嵐でした。

その前日の26日、たった3週間まえに取材でお会いして、早速意気投合したYANAGIMANさん
(funky monkey baby、加藤ミリア、BOA、ケツメイシなどなどのアーティストに曲を提供している、心優しき最高のプロデューサー)にご協力いただき、
出演バンド、出演歌手の子たちに個人レッスンをしていただきました。
YANAGIMANさんはご自身でもLink records (http://www.linkrecords.com/home)
彼女たちは(2バンド、1シンガーたちは)YANAGIMANさんの言葉を、真剣な眼差しで、グングン飲み込む様に吸収していきました。

そしてYANAGIMANさんとトークショーを開催。
場所はここ。渋い。カッコいい!!

ここの映画館、映画人としては悲しいですが、劇場が1つ無くなります。その代わりにライブハウスになるらしい。
そこで、館主様のご要望で、僕とYANAGIMANさんとで名前を付けさせていただきました。その名も、Live House「LR」。
「L」はLink RecordsのL、「R」はRebirth ProjectのR、そしてスピーカーのLRを意味しています。
とっさに思いついたけど、結構お気に入りです。

トークショーでの細かい内容等は省略しますが、素敵な感想をいただきました。
「トークショー聞きました。モチベーション3.0、地方のキャラクター、子どもたちが笑顔でいられる未来、どれも集中して聞き入りました。よかったです。ありがとうございます。」

ささて、その翌日。
彼女たちのバンドは舞台では別人の様に輝いてくれたのでした!

Jamは、最終的にみんなの投票によって、もう一度みんなの前で演奏する時間をもらえる事になっていました。
バンドは彼女たちが選ばれました!

その中、1つのバンドが泣きじゃくっていた。そのバンドは来年は卒業してバラバラになってしまう4人。
彼女たちは昨日のYANAGIMANさんの言葉に、心を燃やされてしまって、その後すぐにみんなで練習していたらしい。
しかし、彼女たちは選ばれなかった。それでも彼女たちは誰よりもみんなと打ち解けて、率先して声をかけ、最後には泣きながらい選ばれたバンドの演奏で跳ねていた。
僕にもその涙が伝染して来て、感動してしまった。

若い子たちには色々な成長の機会が必要なんだ。

それをみていて、僕の脳裏に蘇ったのは、震災が起こり両親をなくしながらも、地元の困窮に対して「役にたちたい」と、涙を浮かべたまっすぐな瞳で語る、あるドキュメンタリーの高校生。
青少年達はどんな状況でも、現実にきちんと向き合えた瞬間、誰よりも成長する。
舞台を用意してあげれば、輝く素質は誰でも持っている。
それが大きな舞台でなくても、関係ない。

総じて、こんな感想もいただきました。
「暑い中でのイベントお疲れ様です。笠山の自然、海のきれいさ、若者たちのエネルギー、そしてみなさんの頑張られる姿に出逢えた素敵な日でした。感謝です(^-^)山口に住む私達も地元をもっと愛さなきゃ!」

今回のこのイベントを通して、僕が本当に嬉しかったのは、参加してくれる人も、維新塾生も、笑顔が絶えずやり遂げてくれた事です。
もちろん全てが何の問題もなく、順調にいくわけはありません。初めて一緒にプロジェクトを実行するにあたっては、意見の相違や、プロジェクトにかける意気込みの大小も、問題になります。
そんな中でも、お互いが受け入れて、自分が出来る事をみんなの為に実行する。目的を常に共有しつつ、実行していく。
来年はヨルダンに行ってしまう塾生に、笠山プロジェクトで一緒になったチームが、サプライズプレゼントと素敵なメッセージをみんなの前ではなしてくれました。

プロジェクトの過程の中で、互いにぶつかり合ったけど、最後にこんな素敵な時間を生む。新しい絆に感動しました。
そして、思考から、発案し、実行する事を実践した維新塾は、これからますます期待できるチームになったと思います!
さてさて、今年も後半はどんな維新塾の活動になってゆくのか、ご期待ください!!!

カテゴリー: Review, 伊勢谷友介 タグ:

種の成長は、個の成長。

2011 年 4 月 20 日 Comments off

人間は、今まで生活環境、使用エネルギーを拡大することで現状況を作りました。

人は環境を無限だと信じてたから。でも本当は違う。

これからは地球が抱えられる人間社会に変わることが必然です。

これには技術の進歩も必要ですが、今の技術、地球の人口を考えると、我々先進国が作ったスタンダードな生活は、世界中の人が享受できるほど、効率的ではないのが現状です。

であれば、今この現実を突きつけられた我々日本は、個人レベルから変わる機会ではないでしょうか。

人間と言う種の「意識の改革」です。我々の節電は、政府が考えるよりずっと優れたものでした。

これが日本人の可能性だと思うのです。

我々リバースは、人間一人一人の可能性を模索し、発見し、作りたいと思います!!!

大変な事かもしれませんが、今その時がきたと思います。

新しい人間の生活を提案できる先進国として、イニシアチブを取れる国民になりましょう!

カテゴリー: 伊勢谷友介 タグ:

物資の収集にご協力ください!!!伊勢谷友介より。

2011 年 3 月 17 日 Comments off

物資の収集にご協力ください!!!伊勢谷友介より。

未曾有の大地震から5日経ちました。

とうとう、信じられませんが、餓死者が出ました。

見るに耐えません。物資状況は考えるより深刻です。

彼らを失うことはしたくないです。

皆さんも同じ気持ちだと信じております。

どうか、再び皆さんのお力をお借りしたい!!!

このたび、先日、BS日テレの番組、SAMURAI TALKでMCとしてくださった、丹羽順子さんの作ってくれた機会です。

本当に感謝します。今日も快く夜中の連絡を受けてくださりました。茨城の状態は飢餓状態であることにを訴えると、すぐに「やりましょう!」とお答えいただきました。

今回は東京以南の地域から物資の募集です。

下記の要項をお読みいただいて、配送可能なものを送ってください。
注意していただきたいのは、条件に合わないとお受け取りできません。ご了承ください。

■運営事務局  株式会社ウインローダー
■収集期間   2011年3月16日(水) ~ 2011年3月31日(木)

※終了期日については、変更する場合もございます。

■収集物資   毛布、水、紙おむつ、粉ミルク、電気を使わなくても食べられる食糧(菓子パン・缶詰等)
カイロ、生理用品、防寒具(ダウンジャケット、石油ストーブ)、携帯電話のポータブル充電器
衣料品(防寒着を除く)は収集対象外とさせていただきます。

※箱に入れて、梱包する。

※箱の中身を、分かりやすく記述する。

■収集場所下記宛に、直接お持込み」、または、「ご発送ください。
〒189−0011 東京都東村山市恩多町1−13−2 株式会社ウインローダー/エコランド
「つなげる、ココロ」プロジェクト事務局あて 042-398-3520

■出発日   第1便は3月19日(土)の午前中に出発。2便目以降は、救援物資の収集状況により適宜判断。

※現況は一刻を争います。集まれば出てくれます。早く出せるようご協力お願いします。

■その他  (可能な方)燃料代のカンパをお願いします。

※運送屋さんはボランティアです。こちらも送ってくださると助かります。

今この瞬間、暖房もなく、寒さと、飢えで、亡くなっている方達がいます。

日本を助けてください。どうか、みなさん、お願いします。

伊勢谷友介

東日本大震災被災者様へお悔やみと、リバースとして出来る事を。ご協力お願いします!伊勢谷友介

2011 年 3 月 15 日 Comments off

3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震にて被害を受けられた地域の皆様、
本当に本当に大変な想いをされていらっしゃると思います。
謹んでお見舞い申しあげますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

少しでもお役にたちたい気持ちいっぱいで、この数日を過ごしておりました。
今、たくさんの方のご協力が重なり、物資の支援ができる体制が整いました。
RICE475チームのガクハリくんと山本くんも先頭をきって動いてくれています。

お米をおにぎりにして持って行っていただきます!!!

この場を借りて、支援体制に力を尽くされている関係各位の皆様、呼びかけにご協力いただいている
観光協会関連の皆様、個人の農家の皆様にお礼申しあげます。本当にありがとうございます。

どうか、新潟近郊の農家の皆様に更なるお力添えをいただきたく、ブログをアップさせていただきました。
本当に勝手なお願いではありますが、心からご協力お願いいたします。

以下、ガクハリ君からのメッセージをお読み下さい。
そして、ご協力いただけるようであれば、下記の連絡先へ御連絡お待ちしています。

※間違いなく信用のおける方々による物資輸送ですが、情報拡散の上で誤解が生じないよう、
ここでは告知のみに留めさせていただきます。
ご協力いただける皆様には、連絡先等々、折り返しご報告いたしますので何とぞご理解いただければ幸いです。

REBIRTH PROJECT

代表 伊勢谷友介

RICE475 producer KAORIN

新潟(近郊)の農家の皆様へ

はじめまして、私はリバースプロジェクト様と共に「RICE475」プロジェクトを進めさせて頂いております、
廣新米穀の覺張と申します。

この度の東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震は規模が大きく、救援物資もなかなか行き届かない状況だと伺い、
中越地震の際には多くの方からご支援頂いた恩返しとして、僕も何か出来ないか考えておりました。

その折に
リバースプロジェクト様のご尽力により、
公的な救援物資ルートを確保頂きましたので、
被災地の方々へお米を送らせて頂こうと思います。

僕も「何かしたい!」という気持ちだけで、歯がゆい思いをしておりましたので、
同じ気持ちを持つ方々にもご協力頂きたいと思いました。

ご賛同頂ける方は、
「廣新米穀 覺張」宛てに、ご一報頂けますでしょうか?

ただし、一口最低量として30キロ袋単位でお願い致します。

現在の輸送機関状態を考慮し、受け付けさせていただく範囲を山形、新潟、長野、富山に限らせていただきます。

尚、新潟までの送料に関しましてはご負担いただくことをご了承ください。

連絡先は以下になります。
メール
info@wanderingvillage.com

被災地で頑張っている方々においしいお米を食べて頂きましょう!!

ご協力何卒よろしくお願い致します。

廣新米穀 覺張

ベランダを掃除していたら。

2011 年 1 月 17 日 Comments off

寒かったぁ〜

2、5時間ぐらいベランダ掃除。

足も手も、かじかみました。

しかし、素敵な偶然発見。

夜は遅ればせながら、亀石さんと新年会。

楽しかったぁ〜

今年も頑張ろう!!!

カテゴリー: 伊勢谷友介 タグ:

ご無沙汰しております。伊勢谷です。

2010 年 10 月 18 日 Comments off

つい先日まで栃木に行っておりました。

自分の監督作『セイジ-陸の魚-』の撮影の為です。

ロケ地は主に、山の上、ダムの脇。天候も変わりやすく、初日から極端な豪雨。

様々な困難の中で、なんとか撮影終了。

人物の関わらない数カットを残しではおりますが、とりあえず、後は編集室での作業を待つのみ。

本当に皆さんよく戦ってくれました。現場に関わってきた方々、本当にありがとうございました!!

実は、我々の抱える食部門の「HOUSE475」は、この『セイジ』の本の中に出てくるドライブインの名前からもらいました。

さて、RICE475も自由が丘のSLOW HOUSEにて取り扱いが始まっているようですね。

食べてくださった方々の感想も、Twitter(@rebirth_project)にて、お聞かせいただいております。

ありがとうございます。

今日はラジオ収録でした。http://www.kaitouchearth.jp/radio/

楽しみにしていてください。

今日学んだのは、海の事がとても印象的でした。

いや〜、まだまだやれる事が沢山あります。

頑張るゼイ♡

伊勢谷

カテゴリー: 伊勢谷友介 タグ:

最近、私の周りも慌ただしく。そして、六本木 Mid town 21_21 Design Sight

2010 年 7 月 16 日 Comments off

どうもどうも!

今日はやたらといい天気です。

その割には全国あちらこちらで、集中豪雨が突発的に起こり、様々な被害が出ています。

気候変動とかそんな事を気にしそうですが、50年ほど前にもこういう事はあったそうで(By TV NEWS)

自分の危険は自分で察知していかなければなりませんね。

私の周りですが、先週今週と結婚式が重なっています。従兄弟に友達に。

土日はそう言うわけで、お祝い事で忙しくなっています。

さて昨日は三宅一生さんとお会いするべく、ミッドタウンの21_21design sightに行って来ました。

今後、何かのプロジェクトでご一緒できる事もあるかもしれません。

展示は佐藤雅彦さんの「これもまさしく自分である展」です。

http://www.2121designsight.jp/program/index.html

ともあれ、昨日はとても混んでいて、体験するにはとてもゆっくり出来なかったので、早速今日行ってきました。

人間は必ず自分以外の何かにカテゴライズされ、それによって自らも認識している。その事を様々な点から、深く意識させる面白い展覧会になっていました。皆様も是非体感してください。

そして、今日伺った時には、佐藤雅彦さんも、三宅一生さんも、安藤忠雄さんもいらっしゃっていて、皆さんとご挨拶させていただきました。日本の誇るクリエーターの巨星が3つも。皆さんとても気兼ねなくお話しくださるので、嬉しい限りです。

その後、いつも芸大の那須ツーリングで一緒に走っている、森 靖の個展を観に行ってきました。

http://www.yamamotogendai.org/japanese/index.html

流石、俺の知る中ではなかなかの変態である靖(おさむ)ちゃん節、気持ちいいほどでしたよ!

奴の言葉を借りると、「マジうんこっす!」

本人談によると、「本当に最高です!」と言う訳らしいです。

是非皆さんも訪ねてみてください。

伊勢谷友介

カテゴリー: 伊勢谷友介 タグ:

どうも!伊勢谷です。

2010 年 7 月 16 日 Comments off

さて、季節はほぼ夏。

梅雨時期も長雨の印象が少なかった気がします。

どうやら来週には梅雨明けするらしい。

ところで、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕らはただいまap bank fesの準備で忙しくしております。

僕も従兄弟の結婚式にでて、すぐに向かおうと思っています。19日には小林武さんとLeeの代表である細川さんとトークショーをさせていただきます。

詳細はこちら…

http://www.eco-reso.jp/fes10/contents/eco_reso_talk.php

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

カテゴリー: 伊勢谷友介 タグ: